有資格者のスタッフが技術と豊富な経験で愛車をサポートします
0167-52-2511(本社)/ 0167-39-2511(支店)
 
 
 
 

確かな技術と真心をお届け
 
車検から一般整備・板金修理など
お車に関する全ての事は当社にお任せ下さい!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当社はブリヂストンカーケア&タイヤショップです。タイヤの知識が豊富なスタッフが、お客さまのお車にピッタリのタイヤをお選びいたします。各種メーカーを揃えておりますので、お気軽にご相談ください。
まずは、タイヤのチェックをしてみましょう!
 
 
 

タイヤの日常点検


安全で快適なカーライフのために、日常点検は必要です。タイヤは使用、管理(整備)が適正な状態で使用された時、はじめて自動車の走行装置として役目を果たしますが、それらが不適切な場合、タイヤの機能が低下するばかりでなく、種々の損傷を起こす原因になります。タイヤのご使用は、走行時の安全を確保するために、必ず日常点検・整備を行ってください。
 

 
 
 
 

Point1 空気圧は適正ですか?


走行前の冷えている時に、タイヤの空気圧チェックを行ってください。適正空気圧は、車種によって異なりますので「空気圧表示シール」で確認しましょう。窒素ガスを充填すると、「自然低下」を抑えることができます。また、バルブやバルブコアは長く使用するうちにゴム部分が劣化し、空気漏れの原因となります。タイヤ交換時に一緒に交換することオススメします。
 
●空気圧不測のまま走行した場合影響●


 
 

Point2 溝は充分に残っていますか?


走行前にタイヤの残り溝をチェックしましょう。残り溝が1.6ミリになる目安としてスリップサインを設けています。スリップサインが1カ所でも出ると、使用してはいけないことが、法律で定められています。特に雨の日には、ハイドロプレーニング現象が発生しやすくなり大変危険ですので、しっかり確認しましょう。
 
●擦り減ったタイヤで走行した場合の影響●


 
 

Point3 偏摩耗していませんか?


タイヤの接地面に、極端に擦り減っている箇所がないかを点検しましょう。タイヤの偏摩耗には「片べり摩耗」「両片べり摩耗」「センター摩耗」があります。空気圧が適正でなかったり、ローテーション(定期的=5,000km走行に1回の位置交換)をしなかったりすると起こりやすくなります。
 
●タイヤの変摩耗、放っておいた場合の影響●


 
 

Point4 キズはありませんか?


タイヤに傷ができていないかチェックしましょう。
傷がタイヤの内部のコードに達している場合、タイヤが破裂し事故につながる恐れがあります。
 
●タイヤ内部のコードに達する傷が発生した場合の影響●


 
 

Point5 ひび割れしていませんか?


タイヤにひび割れが発せしていなかチェックしましょう。
ひび割れを未然に防ぐためには、「タイヤの艶出し剤等には、有害なものもありますので、悪影響が出たらご使用を止めましょう」「保管時、直射日光の当たる場所は避けましょう」「空気圧不測はひび割れの拡大を助長します。適切な空気圧に調整しましょう」。
 
●ひび割れがタイヤ内部のコードに達した場合の影響●


 
 

Point6 サイド部が膨らんでいませんか?


タイヤのサイドに膨らんだ部分がないかチェックしましょう。
タイヤサイドの一部分が局部的に膨らんでいる場合は、タイヤ内部のコードが切れている可能性があります。危険ですので、直ぐに当社にご相談ください。
 
●タイヤサイドの一部が局部的に膨らんでいる場合の影響●


 
 
ご自分でされるのは、面倒だし分からないと言う方は、お気軽にご相談ください。当社のタイヤのプロが点検アドバイスさせて頂きます!

 
 
 
 
当社では、タイヤのお預かり(保管サービス)をしています。お車でご来店頂くだけで、夏タイヤから冬タイヤへ、冬タイヤから夏タイヤへの交換ができます。同時にタイヤの状態をチェックしお客さまへアドバイスさせて頂きます。
 


 

お預かりからお引渡しまで


 

 

 

 

 

 

 

 

  タイヤお預かり料金(1シーズン1台分)
全車種共通 4,320円

※シーズンインの交換工賃は、サービスとなっております。価格には消費税が含まれております。